プライバシーポリシー

有限会社はるかぜは、個人情報の取扱いに関する方針を次のとおり定めます。なお、本文中の用語の定義は、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)及び関連法令によります。

1.関係法令・ガイドライン等の遵守

当事業所では、個人情報保護法その他の関係法令、個人情報保護委員会の定めるガイドライン等及び本プライバシーポリシーを遵守し、個人情報を適法かつ適正に取り扱います。

2.個人情報の取得

当事業所は、利用者の個人情報を適法かつ適正な手段により取得します。

3.個人情報の利用目的

当事業所は、利用者の個人情報について、以下の利用目的の範囲内又はその取得状況から明らかである利用目的の範囲内で利用し、ご本人の同意がある場合又は法定で認められている場合を除き、他の目的で利用しません。

(1)指定居宅介護支援業務におけるサービスの提供及びこれらに関連する連絡(居宅サービス計画の作成・変更、居宅サービス事業者との連絡調整、サービス実施状況把握・評価、利用者状況の把握、給付管理、要介護認定申請に対する協力・援助等)
(2)利用者及び利用者のご家族からのお問い合わせ、ご相談への対応

4.個人データの第三者提供

当事業所は、利用者ご本人の事前同意がある場合又は法令で認められている場合を除き、利用者の個人データを第三者に提供いたしません。

5.個人データの管理

(1)データ内容の正確性の確保
当事業所は、利用者の個人データにつき、利用目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の内容に保つとともに、利用する必要がなくなったときは当該個人データを消去するよう努めます。
(2)安全管理措置
当事業所は、利用者の個人データの漏えい、滅失又は毀損の防止その他の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
(3)従業者の監督
当事業所は、利用者の個人データを従業者に取り扱わせるに当たっては、個人情報の適正な取扱を周知徹底するとともに適正な教育を行い、必要かつ適切な監督を行います。

6.保有個人データに関する受付

(1)ご本人又は代理人から保有個人データの利用目的の通知のお求めがあったときは、次の場合を除き、遅滞なく通知いたします。

ア ご本人が識別される保有個人データの利用目的が明らかな場合
イ ご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
ウ 当事業所の権利又は正当な利益を害するおそれがある場合
エ 国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

(2) ご本人又は代理人から保有個人データの開示のお求めがあった場合には、次の場合を除き、遅滞なく通知いたします。

ア ご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
イ 当事業所の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
ウ 法令に違反することとなる場合

(3) ご本人又は代理人から保有個人データの訂正、追加、削除のお求めがあった場合には、遅滞なく調査を行い、結果に基づき適正な対応を行います。

(4) ご本人又は代理人から保有個人データの利用の停止又は消去のお求めがあった場合に、お求めに理由があることが判明したときは、適正な対応を行います。

7.プライバシーポリシーの改定について

当事業所は、本プライバシーポリシーの内容を適宣見直し、必要に応じて変更することがあります。その場合、改訂版の公表の日から変更後のプライバシーポリシーが適用されることになります。