訪問看護とは?

病気や障がいを持った人が住み慣れた地域やご自宅で、その人らしく生活を送る事が出来る様に、看護師等が生活の場を訪問、看護ケアを提供し、安心して生活が出来る様支援するサービスです。

住み慣れたこの街で、あなたらしくいてほしいから、
看護師がご自宅に伺い療養生活のサポートを致します。

ご利用者様、ご家族様の思いや立場に寄り添った看護を行います。

全身を観察し、かかりつけ医と連携しながら、異変の早期発見に努めます。

安心してご自宅で過ごせるよう、個々に合った生活や介助方法を一緒に考えていきます。

地域の医師、ケアマネージャー、介護事業所、地域包括支援センター、地域を支えるインフォーマルサービス機関とも柔軟に連携しながら、地域包括ケアの一員としての機能を発揮していきます。

24時間365日、緊急時対応する事により、ご利用者様、ご家族様に安心感をお届けします。

nurse_contents1

健康状態の観察

血圧、体温、脈拍等の測定、心身の状態を観察し、異常の早期発見や再発防止に努めます。
nurse_contents2

在宅でのリハビリ

理学療法士や看護師がべッドからの起き上がり、歩行や排泄動作の確立や福祉用具の選定についてアドバイスやリハビリを行います。
nurse_contents3

療養上の支援

身体の清拭、洗髪、入浴介助、フットケア、食事や排泄などの介助、助言を行います。
nurse_contents4

かかりつけ医師・サービス 事業所との連絡・調整

病状に関して主治医と連携します。 ケアマネージャーやサービス事業者・行政等と連携を取りながら、自立した生活が送れる様に、支援を行います。
nurse_contents5

服薬管理

医師・薬剤師と連携し薬の効果確認や副作用の観察、服薬に関する助言を行います。
nurse_contents6

ご本人、ご家族への 生活支援

介護方法の説明や、日常生活上のお困りごとに対して、助言を行います。
nurse_contents7

認知症・ 精神障がい者のケア

心身の状態観察・服薬・コミュニケーションの援助や生活リズムの調整など、助言と看護を行います。
nurse_contents8

ターミナルケア

ガン末期、終末期等でも、ご自宅で過ごせる様に支援を行います。

【利用資格】訪問看護の利用には主治医の指示書が必要となります。

●ご家庭において、療養上のお世話や診察の補助が必要で、主治医がその必要性を認めた方。
●介護保険による訪問をご希望の場合は、要介護認定(要支援・要介護)を受けている方。
介護保険の対象にならない方、あるいは介護保険を受けていても、厚生労働省が定める病気に該当する方や症状の悪化の為に医師が「特別指示書」を発行した場合等は、医療保険でご利用出来ます。

24時間看護師に連絡が取れる体制です。
必要な場合、営業時間外にご自宅へ訪問致します。

今現在、診察を受けている医師や病院を変更せず、
主治医はそのままで訪問看護をご利用頂けます。